合同会社と株式会社の設立

投稿者:

株式会社と合同会社の設立の流れは、基本的には同じです。
必要書類をまとめて、本店(本社)を管轄する法務局へ登記申請を行い完了です。
でも会社形態が根本的に違うので、必要となる書類や費用も大きく変わります。
そこで、株式会社・合同会社の大まかな設立の流れについて取り上げます。

まずは合同会社です。
合同会社設立にあたり必要になる書類は、登記申請書・定款・代表社員の印鑑証明書・印鑑届書・払込証明書です。
場合よっては、代表社員就任承諾書・本店所在地及び資本金決定書・財産引継書・資本金の額の形状に関する証明書」の提出も求められます。
大まかな合同会社の設立までの流れとしては、商号・事業目的などの設立項目を決めます。
次に定款の作成へと入り、登記に必要な書類を揃えて完了です。
後は法務局へ登記申請を行い受理されれば、会社としてスタートです。

次に株式会社です。
株式会社の設立も合同会社と手順は変わらないものの、必要になる書類は合同会社と比べると多くなります。
必要となる書類は、合同会社とほぼ同じです。
そして別に、発起人の同意書・決議書・設立時代表取締役選定決議書・設立時代表取締役の就任承諾書・取締役の就任承諾書などが必要です。
他にも提出すべき書類はあり、提出が義務付けられています。
また株式会社も合同会社同様、設立事項・定款を作成することになります。
しかし合同会社と比べると、設立事項や定款に関する決まりごとは多いです。
「自由に作成して良い」という訳にはいかないので、自分1人で作るのは難しいかもしれません。

合同会社も株式会社も、設立手続きは手間と時間がどうしてもかかります。
どんなに小さい会社であっても、会社組織が持っている社会的な責任はかなりのものになります。
社会的な責任を考えれば、多少の手間は仕方ないと言えます。
でも司法書士などの専門家に頼めば、会社設立は簡単に進みます。
また会社設立に関するサイトや書籍も多数出ているので、目を通してみてはいかがでしょうか。